ユーストリームとユーチューブを利用した、議会インターネット中継を開始しますユーストリームとユーチューブを利用した、議会インターネット中継を開始します

泉南市議会では、より多くの市民に議会に対する関心を持ってもらうため、平成22年第1回定例会から本会議のインターネット中継(生中継、録画配信)を実施してきました。

このたび、より多くの方からアクセスが見込まれ、また、経費の大幅削減も可能となる無料動画サービス「Ustream ユーストリーム」及び「YouTube ユーチューブ」への切り替えを行い、映像配信を開始することとなりましたので、お知らせします。

ユーストリームによる生中継はここ2、3年において、全国の多くの市議会で導入され、府内でも泉大津市に続き2番目の導入となります。
ユーチューブによる録画配信は、まだ全国では殆ど実施されていない状況であり、府内では箕面市、枚方市に続き3番目の導入となります。
また、生中継はユーストリーム、録画配信はユーチューブという2つのサイトを利用した運用は、本市が確認したところ、全国でも見当たらず、初の試みとなる可能性があります。

配信開始日

■ ユーストリームによる生中継
3月5日開会の平成24年第1回定例会から

■ ユーチューブによる録画配信(平成22年第1回定例会分~)
平成24年1月23日から随時配信済み

切り替えの背景

今回の切り替えに当たり、本市議会運営員会において、下記の点を協議し、両サービスへの切り替えを決定しました。

■ メリット
① 視聴者増につながる
人気サイトに登録することで、今まで以上にアクセス数の増加が期待されます。
② コストがかからない
無料の両サービスを利用することで、予算の大半が不要となります。必要とされる経費はインターネットの接続経費(年78 千円)のみです。つまり、平成23年度のインターネット中継にかかる予算(1,037 千円)からネット接続経費を引いた959 千円が不要となります。
③ モバイルへの対応が可能
現在、本市が契約しているシステムについては、視聴できる機器はパソコンでのみとなっていますが、両サービスでは、近年急速に普及しているスマートフォンやタブレットPC でも閲覧が可能であり、モバイル環境への対応もこれにより可能となります。

■ デメリット
① 広告が入る
無料で運営しているサービスであるため、画面下部に広告が表示されます。
② システムダウンしてもクレームが言えない
無料で利用しているため、途中で止まったりしても業者に対し、責任を追及できません。

平成24年2月29日

最終更新日:2013年3月1日

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか?

全く分からなかった分かりにくかったどちらともいえない分かりやすかったよく分かった (まだ評価されていません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。