会議の流れ会議の流れ

議会に提出された議案などは、開会から閉会までに次のような手続きで審議されます。

市長 議員
議案 議案
市議会

本会議
開会 議長の開会の宣告で、議会の活動が始まります。
会期の決定 開会日から閉会日までを会期といます。
(代表質問) ※代表質問は3月議会または市長改選後の最初の定例会で行われます。
一般質問 行政全般に関わって、議員が質問し、市長などが答えます。
議案の上程 議会に対して、議案を提案します。
提案者の説明 議案について、提案理由を説明します。
質疑・応答 議案について質疑を行い、理事者が答弁します。
(委員会付託) 議案をさらに詳しく審査するため、所管の委員会に付託し、そこで審議する場合もあります。

          ↓ ※委員会付託の場合

委員会
提案者の説明 議案について、提案理由を説明します。
質疑・応答 委員が質疑を行い、理事者が答弁します。
討論 議案に対して、賛成、反対の意見を述べます。
採決 委員会として議案に対して、賛成か反対の決定をします。

本会議
委員長報告 委員会での審査の経過と結果を報告します。
委員長に対する質疑 委員長の報告に対し、疑問点をただします。
討論 議案などに対して、賛成や反対の意見を述べます。
採決 議員に対し、議案について賛成か反対の意思表示を求め、市議会の意思を決定します。
閉会 議長の宣告で議会の会期が終わります。なお、会期中に決まらなかった議案は、原則として次の議会に持ち越すことはできません。
最終更新日:2017年8月30日

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか?

全く分からなかった分かりにくかったどちらともいえない分かりやすかったよく分かった (まだ評価されていません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。